© 2019 高知中央クリニック  Wix.comを使って作成されました

088-802-7008

Fax

088-802-7007

Tel

​帯状疱疹ワクチン

 帯状疱疹は、免疫力の低下した時に発症します。はじめに、皮膚にピリピリする神経痛のような痛みや熱感を感じ、その後、水疱を伴う発疹が帯状に、体の左右のどちらかに現れるのが特徴です。治療が遅れた場合には、長期にわたって頑固な痛みがのこる帯状疱疹後神経痛になることもあります。帯状疱疹を疑う症状があれば出来るだけ早く医療機関を受診することが大事です。この帯状疱疹の発症率は加齢に伴い増加し50歳を境に発症率が増加します。

 近年、帯状疱疹の予防接種(ワクチン)ができるようになりました。50歳以上の方が対象です。このワクチンは以前からあった水痘ワクチンと同じものです。帯状疱疹ワクチンの接種回数は1回です。予防接種(ワクチン)によって、水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫力を高めて、帯状疱疹の発症を予防することができます。

 帯状疱疹は予防可能な疾患です。予防接種(ワクチン)について、接種をご検討してみてください。