© 2019 高知中央クリニック  Wix.comを使って作成されました

088-802-7008

Fax

088-802-7007

Tel

​風しん(風疹)

 “風しん”の発生状況を踏まえ、“風しん”の感染拡大防止のため、抗体保有率が他の世代に比べて低い男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれ)に対し、予防接種が行われることとなりました。

 このため、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種の対象者の変更の通知がありました。

 従来は、「第1期 生後12月から24月に至るまでの間にある者」、「第2期 5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある者(小学校就学前の1年間にある者)」でした。

 予防接種法施行令の改正する政令に基づき、さらに、「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性。この対象者は平成34年3月31日までの適用をする」が追加されました。

 ただし、“風しん”に係る抗体検査を実施した結果、十分な量の風しんの抗体があることが判明し、当該予防接種を行う必要がないと認められる方は対象から除かれます。

 

風しんの抗体検査について

 男性は、2019年度市区町村が、1972(昭和47)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性に、クーポン券を送付することとなっています。2019年クーポン券が送付されない対象者も市区町村に希望すればクーポン券が発行され、抗体検査を受けることができます。

 女性は、高知県内に住所を有する者で検査を希望する以下の方については、「風しん」に対して十分な免疫があるかどうか確認するための抗体検査を無料で実施できます。(ただし、過去に風しん抗体検査を受けたことがある方、明らかに風しんの予防接種歴がある方若しくは検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方を除く。)

1.妊娠を希望する女性。2.妊娠を希望する女性または風しんの抗体価が低い妊婦の配偶者などの同居(生活空間を同一にする頻度が高い方。婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む。)

​ 風しんへの抵抗力が無いこと(抗体なし)がわかった場合、風しんへの抵抗力(免疫)をつけるため、予防接種を受けましょう。

 当院では、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種をうけることが可能です。ご相談ください。